07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LINK
応援クリック
ショッピング
おすすめ
アドセンス
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
サイト閉鎖のお知らせ
 私のホームページ『風の故郷』を閉鎖することになりました。それは私の都合によりということになります。発展的解消という言葉がよく聞かれますが――そのようなものであると受け取っていただければと思っております。将来更にパワーアップして再開という可能性も皆無ではない……ということで長い間のご愛顧ありがとうございました。当ブログも近々閉鎖いたします。
それでは、みなさん良いお年を。
風渡 甚 | 小説 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
頑張ろう日本!
 東日本大地震は、未曽有の被害をもたらした、いや現在ももたらしつつあります。
そうして、目下の緊急事態の原発事故に対しあらゆる機関、人たちが国の総力を上げて必死の対応に取り組んでいる。そうして私たちはその行方を固唾をのんで見守っている。
国の対応に批判もあるようです。しかし、かつて経験したことのない想定外の危機に完璧に対応することはそう簡単なことではないとも思うのですが。
今一番大切なのは、誰がどうだということではなくて、我々は今何をしなければならないのか、何ができるのかということだと思います。
特に強く思うことは、政治は何かということです。いまある国難に立ち向かうことが、全てにおいて再優先されるべきだと私は思います。後の事は後で良いと思います。
報道によりますと、諸外国より私たちの国の民意が評価されているようです。日本人として、とても嬉しく誇りに思います。
しかし、本当に我々が力を発揮しなければならないのは、これからです。

被災地の方々に義援金を贈ろうと思っても、自分の生活だってままならない方だっているはずです。でも、何か自分でもできることがあるはずです。

頑張ろう日本!、皆で心をひとつにあわせてゆきましょう。
風渡 甚 | - | 22:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
東日本大地震
 これほどの、被害とはまさに言葉を失います。
さらにかたずをのんで見守っていますが、原発事故。
まずは、なんとか収束させて欲しいと願っています。
今は、皆で力をあわせるしか無い。
風渡 甚 | - | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
アバター
前回、引越しのお知らせをしましたが、旧URLでの更新は終了しました。今後は新URLへのアクセスをお願いいたします。
色々リニューアルを図りたいところもありますが、なかなか思うように時間をとれません。
まあ、ゆったりとお付き合いをお願いしたいと思っております。
久方ぶりになりますが『かたぶつ』第4話<アバター>更新しました。軽く読めますのでぜひ。

寒さの中にも、春の気配を感じます。日が長くなってくるのは嬉しいですね。
風渡 甚 | - | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
引越し
 本家HP『風の故郷』の引越しを行うことになりました。ここのところHPもこちらのブログも更新が滞っていて、どうしたのかなと思われていたかたもおられるかもしれません。過去の経緯を振り返ってみれば、その時々の暇に任せて気分に乗ってやたら手を広げてきた気がします。しかし、結局のところ暇もそうそういつでもあるわけでもなし、言いたいと思っていたこともはて、実際のところ大したほどのこともなし。
つまるところ、おいらは何をしようとしていたんだろうと、まったくお馬鹿な自分に愕然と驚く私でした。
と言いつつ、成り行きでURL変更に対峙して、これはこれでちょっとばかりフレッシュな自分になれそうです。立ち木の剪定じゃありませんが、現状を冷静に見直して、切るべきところは切り、育てるべきところは育てなければとそんな気持ちになりました。
そんな訳でHPも一気にではなく、少しずつですがこれからリニューアルを図ろうと考えています。
そうして、このブログがシンプルに私のマイブログになっていくと考えておりますので、またまたのお付き合いをいただければと思います。

話はここで変わって、昨日(実際は今日ですが)ジャパンサッカーは本当に良かったですね。まさかあそこまでの展開になるとは思っていなかったので、すっかり寝不足になってしまいました(というか寝坊を確信犯的にしました)。
政治を中心にして、いったい今の日本(もしくは日本人)はどうなっているんだろうとフラストレイションばかりがつのっていたので、久方ぶりにすっきり爽やか、感激おろおろでした。
風渡 甚 | - | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
宇宙はわれわれだけの
  最近読んだ本を紹介したいと思う。実は、小説ではありません。私はもちろん小説は大好きですが、小説以外にも、面白い興味を惹かれる本というものはたくさんあります。
 意外なことに固そうな内容であっても、つい夜更かしをしてしまうような本というものはあるものですね。この本は宇宙について書かれています。最近はビックバンとかホーキングの宇宙とかいう言葉がかなり一般化しています。皆さんもある程度のことはご存知だと思います。
 ところで、ビックバンが宇宙の始まりだということはよく知られていますが、それではその先(前)はどうなのでしょうか?それから、素粒子の研究が宇宙の始まりを解明する手がかりになると言われていますが、どうしてなのでしょうか?
 我々一般人には理解しがたい不思議なことだらけです。こういった疑問に対して分かりやすく解説してくれているのが、この本なのです。しかも宇宙が宇宙を生み出すというとんでもないことが書かれているのです。これはSFのテーマにもなりそうですね。事実は小説より奇なりという言葉がありますが、こういった宇宙の研究は限りなく我々の知的好奇心をくすぐります。
 この本には宇宙の最先端の研究内容が盛り込まれていますが、執筆されたのはしばらく前のことになります(1991年2月14日第1版第1刷)。それから新しい発見や、成果があったのでしょうか?更に興味が湧いてくるところです。

『宇宙はわれわれだけの宇宙ではなかった』
      東大教授  佐藤勝彦
風渡 甚 | 読書 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
天気の話ばかりですが
 ようやく涼しくなってきましたね。昨日から急に変わった気がします。

秋の気配が……と、小説ならそう書きたくなる時期です。
しばらくは、もっとも私の好きな季節になりそうです。

でも、残暑はまだ続くかもしれないし、台風が来るかもしれないし、油断は禁物かもしれません。

さて、掌編小説アップしました。
ヘアースタイル』というタイトルですが、さらっと読めて面白い小説ですのでぜひ、ご一読ください。
長編にも手をつけてはいるのですが、なかなか筆が進まなくて……
と言い訳しつつ、やりますよ。

さて、体調を崩さないよう、お互いに頑張りましょうか。



風渡 甚 | 小説 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(1) |
暑いぃぃい
本当に蒸し暑い。北海道でこうなんだから、本州ではどうなんでしょうかね?
想像を絶するのではと思います。
まったく節操のないタイトルですが、こうでも云わなきゃ気が済まない!
9月も暑そうなので、いつまでぼやくことになりますか。

さて、久方ぶりというほどではありませんが、アップしました。
タイトルは『長い夜』です。
自分が描きたいタイプの作品が書けたという気持ちで結構満足感が。
ひとことで云えば、恋愛ミステリー?ですか。

いやミステリー?それとも恋愛?
実際カテゴリー分けはかなり悩むほどでした。
短編小説なので、比較的軽く読めると思いますので、ぜひお楽しみいただけたらと思います。
いわゆる、こうご期待どんでん返しというところです。
風渡 甚 | 小説 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
お盆は過ぎたのに
 この蒸し暑さはなんだろう!
北海道なのに、どこか違うところに来たようだ。
もっとも、北海道だけが暑いわけではありませんが。
ただ、朝夕は結構気温が下がる時もあるので、健康には要注意でしょう。
それでも、こんな夜はもう、そんなにはないのだろうと思います。

ところで新しい作品アップしました。
灯り』です。
お盆は過ぎてしまいましたが、今時にふさわしい内容かと……

掌編で軽く読めますのでご一読を。

ちょっぴり切なく、悲しく、怖さは???

風渡 甚 | 小説 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(1) |
夏という季節
 今は全日本的に夏ですが(あたりまえ!)皆様如何お過ごしでしょうか?
記録的な猛暑とか雨それに日照時間が短いだとか、気候のほうは相変わらず不順ですが、せめて健康には気を配りたいところです。
 実は私は夏が好きです。それは暑いのよりも寒いのが苦手と単純な理由によるものです。とまあ、そうであるとは言い切れないところもままありますが……。
 いずれにしても、私の住むこの北海道の地ではいくら暑いとはいっても、もう間もなくのことになるのでしょう。過ぎ行く夏をいとし楽しみたいと思っています。

 久方ぶりに、掌編小説アップしました。『フェリー』というタイトルですが、ほのぼの、少し?可笑しというところです。さらっと読めると思いますので、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

 まだアップまでは至りませんが、いろいろペンを進めておりますのでご期待ください。

風渡 甚 | 小説 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
1/13PAGES | >> |