09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LINK
応援クリック
ショッピング
おすすめ
アドセンス
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< いつ桜が | top | 松坂勝利・だが次回に期待 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
春の訪れ・カシラダカ
今日は、春の訪れを感じさせる一日となった。ここのところ、あまりぱっとしない天気が続いていたので、待ちかねていた散歩に出かけることにした。お気に入りの散策コースはすっかり雪も解けて、長かった冬が終わったことを感じさせた。久方ぶりの、道を歩きながら妙な気持ちになった。この道をこの前歩いたのは、去年の秋のことである。今こうやって歩いていると、それがつい昨日のことのように思えてしまう。そんな、感傷に浸りながら歩いていた私は、突然、頭の上から聞こえてきた小鳥の鳴き声で足を止めた。初めは「声はすれども姿は見えず」状態で、きょろきょろしていたが、ほどなく声の主を見つけることが出来た。そこで、早速カメラを取り出して何枚か撮ったのである。だが、その小鳥は私の見たことがなく、鳴き声も初めてのものであった。そうして、気が付いたその鳥から少し離れたところの枝に5羽の鳥が止まってた。よくよく見たところ、群れというよりは家族なのではなかろうか、私はそう思った。私が立ち止まって樹を見上げていたところに、やはり散歩をされていた方であろうか、上を見上げられたので、この鳥をご存知ないかと問いかけてみた。其の方は、調べてみたことはあるが、忘れてしまわれたとのことであった。それと、こんなにかたまっているのは珍しいと言われた。私は、散歩を再開したが、気をつけてみると、あちらこちらから、小鳥のさえずりが聞こえてきた。しばらく歩いてから、やはり見慣れない鳥を見つけたので、写真を撮っていたら、先ほどの方が追いつかれて、図書館で図鑑を調べたら如何かと私に云われた。其の方もそうなさったそうである。それが、きっかけで一緒に歩きながら話をすることになった。其の方は脳梗塞を患って、リハビリを兼ねて散歩されている様子である。でも歩くのは結構「こわい」と言ってました。(注)北海道では、疲れることを「こわい」といいます。まもなく、私たちは分かれ道に差し掛かり、そこでしばし「健康談義」に花を咲かせることになりました。いずれ機会があれば、その内容も披露したいと思っています。そこで私たちは分かれたのですが、また会うことがあると思います。いつになるかは分かりませんが、楽しみです。
その後、早速図書館に行って「野鳥図鑑」を調べました。はっきりとは断言できませんが、総合的に判断して、私の見た小鳥は「カシラダカ」だと思います。
小鳥
風渡 甚 | 風景 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 23:48 | - | - |
Comment









Trackback
URL:
「HDLコレステロール」っていうのは血管を動脈硬化から守る、いわゆる善玉コレステロールのことですよね。これが少ないと動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクが高くなると言われています。じゃ、どうすれば善玉コレステロールを増やすことができるのでしょ
メタボリックシンドロームの恐怖@内蔵脂肪型肥満の危機から逃れたい男の指南書,2007/04/22 11:59 PM
カシラダカカシラダカ''Emberiza rustica''は鳥類の一種、ホオジロの仲間。*名前の由来は、興奮すると頭頂部の羽を立たせることより。旧北区、新北区に生息する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Arti
バードウォッチング−鳥侍屋,2007/04/28 11:15 PM
私の「メタボリックシンドロームの基本知識」というブログの中では、「メタボリック対策のキャラクター育成散歩計」という過去の記事が相変わらずよく読まれています。目標歩数を歩けばキャラクターが成長して変化していくもので、これまでに250万個売れたそうです。ア
視力回復の最新情報,2007/05/13 12:02 AM