09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LINK
応援クリック
ショッピング
おすすめ
アドセンス
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< ブレイン・ヴァレー | top | かたみ歌・朱川湊人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
優駿・宮本輝
 本との出会いというものは、不思議なところがある。ある場合には自分がその本を探したのだろうか、それともその本が自分を探しに来たのではないかと思うことさえある。
 この優駿という一冊の本は、普通であればおそらく自分が読むことのないはずの本であった。なぜなら、その題名は馬を題材とした作品であることは分かっていたが、私は馬というものにまったく興味がなかった。ましてや、自分は競馬はギャンブルだとしか思っていない人間であったから、かえって避けることはあっても、興味を持つような作品ではないと思っていたわけです。
 私の親友にKという男がおります。その彼が、優駿はとても良い、感動したからぜひ読んでみろというのです。私は彼の言葉を聞いて妙に思いました。彼も、馬に興味を持つような人間ではありませんでしたし、それまでの趣向も知っていましたから唐突な感じを受けたわけです。よくよく聞いてみると、彼は息子から薦められてその本を手にしたようでした。

 結局のところ、彼の一言で優駿を読み始めたわけです。そうしたら、先入観念みたいものはたちまちのうちに吹き飛んでしまいました。それまでは、馬を題材にしたある程度、特殊な世界を描いた小説と云う風に思っていました。しかし、正に小説の王道というようなまったく良い意味で予想を裏切ってくれる作品でありました。
 その題名が示唆するように、後にオラシオン(祈り)と名付けられるある一頭のサラブレットの誕生から物語が始まります。もちろんオラシオンは、この作品の要となりますが、けっしてオラシオン自体が主人公ではありません。そのオラシオンにかかわるさまざまな人たちの物語です。そうして、実際の人生がそうであるようにその人々にはさまざまな出来事が訪れます。そのなかで、登場人物たちは苦しんだり喜んだり様々な人間模様を、繰り広げていきます。それが、まるでプリズムの輝きのように、実に生き生きと描かれています。
 登場人物たちは、皆魅力的ですが、ある成り行きから馬主になる、若くて美しい久美子という女性にこの小説の中で出会うことができます。

 この世の中には数え切れないほどの小説がありますが、まったく同じものは一つとしてありません。つまり小説の数だけ物語があり、その世界があるのです。
 でも良い小説に出会ったときは、読み終わってその小説とがっぷり四つに組んだ満足感があって、読み終えた充実感を感じるものです。
 この小説は、正(まさ)しくそのような一冊であると私は思いました。

優駿〈上〉 (新潮文庫)

風渡 甚 | 読書 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 18:03 | - | - |
Comment









Trackback
URL:
血糖値測定器を利用して自己測定をしなければならない人の多くが糖尿病を患っている方でしょう。糖尿病と一言で言っても種類があります。大半は、歳を重ねて人生の途中からなる糖尿病の方ですが、小さな子供でも糖尿病患者は居ます。「1型」と呼ばれる糖尿病患者の場合
健康の最新情報,2008/06/22 11:25 PM
バレエ教室で使われるバレエ用語というものがあります。そして、普段の生活ではなかなか使わない言葉が多数を占めます。バレエ用語はフランス語が主なので、発音も難しく、指導者によっては英語読みをしたりする場合もあるので教室によって違いがあるでしょう。用語を暗
教育の最新情報,2008/06/22 11:28 PM